×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

作業台

作業台を使ったことがないという人はあまりいないと思いますが、作業台は非常に大事な備品であり、人にとっては
大切な商売道具です。どうして大切かと言いますと、作業台がちょっとでも低かったり、逆に高かったりするだけで
その大切な仕事におよぼす影響は計り知れません。ちょっと想像してほしいのですが、例えばいつも使うパソコンの
作業台が5センチでも高かったり低かったりするだけで凄く違和感が出てくると思います。
それぐらいに作業台はあなたに影響を与えるのです。ですので作業台は、何かの作業する台としてきちんと機能した
物を選び、また一番最初に作るのに相応しいのではないかと思います。
作業台は完成したものを買うと非常に高価なものです。しかし、自分で作成すればかなり市場価格より安く手に入れる
ことが出来ます。てすので、興味のある方は作成にチャレンジしてみることをオススメします。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

作業台diy

DIY、自分で作りましょうということで、大工といっても大掛かりではないですが、ちょっと前の世代を生きてきた
人たちは、自宅のちょっとした補修などは誰でもこなしていましたし、今でも義務教育などで教えているはずです。
要するにその位の技量があれば、そんなに苦労することなく作ることが出来ます。
もちろん最初から大掛かりの物は無理ですが、小型の作業台などならあっという間に作ることが出来ます。
しかし作るときは自分の責任で作ってください。それがdiyの楽しみです。丁寧に作業すれば必ず中身に現われます。
今は昔とは違い、道具も安価で買うことが出来ます。台になる木などはホームセンターなどで必要な大きさに切って
もらえば、安く済みますし手間が省けます。簡単なものなら、木ねじと電動ドリルだけで作業台は作ることができる
のでオススメです。

いい作業台とは

作業台については既に話しているのですが、ほとんどの方が軽視している現状があるみたいです。
しかし一流のプロたちは作業台のことを当然勉強しているので、決して軽く見たりしません。なぜか?
それはいい物を造るには、いい作業台がなくてはならないとわかっているからです。
作業台は木工の基本です。この基本を軽く見ていてはプロとはいえないと思います。実際結構います。
例えば大手で購入した物を後で配送となった場合はその道のプロではなく、配達業者が一件いくらで
取り付けるためにプロでないため、結構雑だったりします。すべてではないですが本当に要注意です。
話がそれましたが、良い作業台の条件とは、台が平面であり、ぐらつかず頑丈であなたにあったものです。
職場で使う作業台は、前の条件プラス、クランプをかけられるということです。
これは当たり前のことでも、条件に当てはまる台は殆んどありません。なぜならあなただけに合う台は他人に合うとは
限らず、造るしかないからです。(あるにはありますが、その価格は、欧米式作業台などで何十万です。)

スポンサード リンク

Copyright © 2008 自分で作業台を作ってみませんか